ページトップへ戻る


カーリース
法人向けカーリース

御社の営業車の管理は当社にお任せください!月々一定の支払いにより「煩わしい経費処理・管理」「タイヤ交換等のメンテナンス」等々、御社の経費削減のお手伝いを致します。

リースの場合
購入の場合
事務処理手続きを大幅に軽減するメリットがあります。
  • 車両代金のお支払手続きの省略
  • 登録諸費用(税金、自賠責等を含む)支払い手続きの省略
  • 自動車税の納付手続きの省略
  • 固定資産台帳への作成省略
  • 減価償却費計算作業の省略
  • 決算処理業務の省略
  • 車両代金の支払手続きの省略
  • 維持・管理費の集計作業の省略
  • 売却時経費処理の省略
弊社へのリースご相談はこちらから

資格・表彰実績

サンボレは、自動車メーカーをはじめ、自動車販売協会、自動車保険会社、カーローン会社、ボランティア団体等から営業販売・顧客サービスやボランティア活動を評価して頂き、たくさんの表彰・盾・感謝状・資格をいただいております。
今後とも、お客様、地域の皆様、サンボレに関わる全ての企業様に貢献できるようスタッフ一同努力していきます!


ご契約の流れ

お申込から納車、リース契約満了までの流れをご案内致します。
ご契約にいたるまではもちろんのこと、ご契約後も当社営業スタッフがお客様に合ったご提案を実施いたします。

01.リースの提案

車種、仕様、納期、カーリースの期間など、お客様のご希望に沿った最適なプランを提案します。

02.リース料のお見積

お客様とのご商談内容に合わせたリース料のお見積書をご提出させていただきます。

03.リースのお申込・審査

リース契約のお申し込みに後、審査手続きを開始致します。審査の結果によっては、お客様のご希望に添えない場合がございますので、予めご了承ください。

04.ご注文・契約

自動車リース注文書、自動車リース契約書を作成し、お客様の署名・捺印により契約の成立となります。またリース自動車の登録に必要な書類一式をご準備いただきます。

05.リース車両発注・登録・納車

ご契約内容に基づき、車両販売店へ車両発注を行ない、各陸運支局にて登録後、販売店より納車させていただきます。

06.リース開始・
リース料お支払い

リース契約は、リース自動車の登録日を開始日とします。リース開始と同時にリース料のお支払いもスタートとなります。

07.車両メンテナンス

メンテナンスリースの場合、リース契約内容に基づき、車両メンテナンスを実施いたします。

08.リース契約満了

リース契約満了に伴う打合わせを、お客様と実施させていただきます。


提携カーリース会社

サンボレでは、大手カーリース会社をはじめ、地元銀行系のカーリース会社とも提携しております。
お客様のニーズに合わせ、様々な選択肢をご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。


お奨めプラン

今月の弊社お奨めプランでございます。
その他、多数のプランを取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

ダイハツ ハイゼットカーゴ スペシャル
お支払額:¥20,412/月(60回払い・税込)
頭金ゼロ!マットバイザー付き

5年60回、月間走行2,000km、税金コミ、指定工場でのメンテナンス付リースでの試算となります。(工場は御社指定工場での対応も受け付けます)

この車について聞いてみる
トヨタ アクア L
お支払額:¥30,132/月(60回払い・税込)
頭金ゼロ!マットバイザー付き

5年60回、月間走行2,000km、税金コミ、指定工場でのメンテナンス付リースでの試算となります。(工場は御社指定工場での対応も受け付けます)

この車について聞いてみる
トヨタ ハイエースバン DX GLパッケージ 標準ボディ
お支払額:¥38,016/月(84回払い・税込)
頭金ゼロ!マットバイザー付き

5年60回、月間走行2,000km、税金コミ、指定工場でのメンテナンス付リースでの試算となります。(工場は御社指定工場での対応も受け付けます)

この車について聞いてみる

法人向けカーリースQ&A
お申込み・契約手続きについて
リース期間は選べますか?
お客さまの社内規程や、クルマの車種・用途・使用年数や車検サイクルに合わせ、経済効率の良い期間をお選びいただけます。
※ただし、一部税法上の制限があります。
購入に比べリース車の車両価格は安いのですか。
リース会社ならではの、大量仕入によるスケールメリットで、一般では得られない特別値引きを実現できるのです。また、リースではその車両価格から、設定残価を据え置いてリース料を設定するので、ますます購入との差が大きくなります。
リース料には何が含まれるのですか。
リース料には、残価を差し引いた車両価格の他に、登録諸費用、自動車取得税、リース期間中の自動車税、自動車重量税、自賠責保険料および金利・手数料と御希望により任意保険料が含まれます。メンテナンスリースの場合には、さらに、維持管理に係る費用(車検、点検・修理費用)が含まれます。
残価とはなんですか。
残価(残存価格)とは、中古車市場のデータを基に、予想されるお客さまの走行距離等を加味して、リース契約満了時の予想車両販売価格を弊社の永年の経験とノウハウにより算出したものです。
リース契約を途中で解約することはできますか。
いいえ、原則として中途解約はできません。ただし、全損事故等のやむをえない事情の場合には、中途解約損害金をお支払いただいた上で、解約することができます。
リース期間が満了したらどうするのですか。
お客さまのご希望により、同じお車をご使用いただく場合には、再リース契約を結んでいただきます。新しいお車に切り替える場合には、あらためてリース契約を結んでいただきます。この場合、リース満了したお車は、サンボレが責任を持って売却または処分致します。
リース契約の際には、車庫証明は必要ですか?
通常の購入と同様、カーリース(オートリース)はリース車においてもクルマの登録時、車庫証明が必要となります。お客さまにて適切な保管場所の確保をお願いします。
リース期間中にリース料が変更されることはありますか?
当社側の都合によりリース料を変更することはありません。
ただし、以下の理由などで費用の追加が見込まれる場合は、差額分をご請求させていただくことがあります。
1. お客さまのご都合で、自動車の改造または備品の取り付けなどを、当社の了承のもとに行う場合。
2. 法令の変更による自動車の仕様変更、整備、部品の追加など、リース料を構成する原価に著しい変動があった場合。
3. メンテナンス契約で、当初のメンテナンス項目に変更を生じた場合。
4. 自動車諸税・自動車保険・自賠責保険などの当初契約条件に変更があった場合。
5. リース契約期間の変更をした場合。
ナンバープレートで、リース車とわかりますか?
ナンバープレートは購入した場合と同じです。カーリース(オートリース)の車両はレンタカーのように“わ”“れ”ナンバーになることはありません。自動車検査証(車検証)の使用者名義欄にお客さまのお名前が記載されます。
※自動車検査証(車検証)の所有者名義はリース会社となります。
リース期間が終わるとどうなりますか?
1~2年の再リース契約の上、引き続き同じクルマをご利用されるか、あらたにリース契約の上、新車にお乗り換えができます。クルマをご利用されない場合には、オートリース期間終了後、当社までご返却いただきます。
リース期間満了による車両返却時の注意点は何ですか?
1. リース車の引き取りは原則として、代替車両納入ディーラーもしくは陸送業者等の引取業者が行います。
2. 車検証・自賠責証明書・メンテナンスノート・ジャッキ・スペアタイヤが搭載されていることをご確認の上、引取業者にお渡しください。
3. ご契約車両がスタッドレス(冬タイヤ)交換を含んでいる場合は、保管いただいているラジアル(夏タイヤ)若しくはスタッドレス(冬タイヤ)を搭載してご返却ください。ただし、タイヤ保管特約を含んでいる場合は、リース満了時あるいは中途解約時に当社にて廃棄処分します。
4. ガソリンカード・名刺などの車内置き忘れにご注意ください。引取後の発見が極めて難しくなります。
5. ご契約車両は、破損のない良好な状態でご返却ください。
リース契約の途中で解約できますか?
原則としてお客さまからの中途解約はできません。
ただし、全損事故による滅失など、やむを得ない事由があると当社が認めた場合は、中途解約金をお支払いいただくことで、解約することが可能となります。
車種・オプションについて
どんな車をリースできるのですか。
日本で販売されているすべての国産、外国メーカーの車をリースすることができます。(正規販売店取り扱いの車種で、並行輸入車を除きます。)
車種、色の指定はもちろん、特別架装、オプション装着、および文字やマークをつけることも可能です。(法令に違反する改造にあたるような行為は禁止事項となります。)
保険について
オートリース会社で自動車保険をかけることができますか。
もちろんです。弊社が保険代理店となることで、万が一の事故が発生した場合、迅速かつ適切な対応によりお客さまをサポートいたします。また、お客さまの事故処理の窓口を一本化することができ、現在ご加入中の任意保険の割引率もそのまま承継することができます。
自動車保険の優良割引やノンフリート等級別料率はリースに切り換えても適用されますか?
フリート契約の場合、リース車に切り替えても現在適用されている優良割引率がリース車両にも適用されます。リース会社が保険契約者になる場合でも、契約者であるお客さまの優良割引率が適用されます。
ノンフリート契約の場合も、リース車に切り替える場合、基本的に同じ用途・車種の車両間の入れ替えであれば、現在適用されているノンフリート等級別料率がそのまま継承されます。
その他カーリースについて
現在保有している車両を引き取ってもらえますか?
お客さまで不要になった余剰車両を当社が買い取りします。社名・看板は消去した上で転売します。また完了後は所有権移転後の車検証の写しを提出します。